報知杯フィリーズレビュー2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は報知杯フィリーズレビュー2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

 

枠順傾向の記事では8枠不利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番カリオストロですが、絶好枠ですね。

ミドルペース以上は間違いなさそうですが、そうなるとこの馬は少しでも距離ロスなく逃げたいはず。

そういう意味ではこれ以上ない配置です。

 

次に4枠7番ヤマカツマーメイドですが、先行でも差しでも対応可能。

今回のペースなら差し競馬をしてくるはず。

中枠なら何の問題も無いでしょう。

 

次に6枠11番ケープコッドですが、近2走差し競馬を試みて前走はOPで勝利。

この配置なら前走と同じ競馬が出来そうです。

 

最後に7枠14番アヌラーダプラですが、この馬も差し馬。

配置的にはやや外寄りだが、割引くと言う程でもないでしょう。

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は3頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬4枠7番 ヤマカツマーメイド (馬連 800円)

◎穴本命馬7枠14番 アヌラーダプラ (馬連 800円)

◎穴本命馬-▲1枠1番 カリオストロ (馬連 400円)

 

今回先行馬不利と読んで差し馬のヤマカツマーメイドとアヌラーダプラを対抗馬筆頭。

展開は向きそうにないが絶好枠に入っカリオストロを押さえで。

ケープコッドも差し馬ですが、距離的にやはり1200mがベストかな?

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

本日のファルコンステークスで1着になったシャインガーネットとは前走コンマ1秒差で先着を許した。

逆に現在3番人気のアヌラーダプラには前走でコンマ1秒差の先着。

だが現時点のオッズではまったく人気がない。

これはかなり妙味ありの穴馬です。

低人気ですが思い切って勝負です。