北九州記念2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は北九州記念2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~3番ゲート不利と判断しています。

 

まず上位人気馬で絶好枠と思えるのは、3枠5番ディアンドル

極端に成績の悪い1~3番ゲートよりやや外寄りの5番ゲート。

モズスーパーフレアが作り出すハイペースを見ながら、先行して3~4番手辺りで競馬をするこの馬にとっては理想的でしょう。

 

次いで4枠8番ファンタジストは差し馬で中枠。

丁度良い好枠に入ったと思います。

 

次いで7枠13番モズスーパーフレアは逃げ馬。

枠順も決して良くないが、それ以上に悪いのが2枠4番に逃げ馬イエローマリンバが入ったこと。

モズ自体スタートは速いが、イエローマリンバがかなり内枠に入ったことにより、楽に逃げれる可能性が下がった。

下手したら逃げ損ねる可能性もあるかもしれない。

 

最後に8枠18番ミラアイトーンは結構期待していたんですが大外枠。

先行・差しと自在なタイプですが、それでももう少し内寄りでも良かったかな。

8枠18番の過去10年の複勝率は60%で一番好成績なのだが、普通に考えたら小回り1200mの18番ゲートはどう考えても軸向きではないと思う。

 

対抗馬は上位4番人気以内から1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬1頭目ー〇3枠5番 ディアンドル (馬連・ワイド 各500円)

穴本命馬2頭目ー〇3枠5番 ディアンドル (馬連・ワイド 各500円)

 

今回は色々悩みましたが、一番不安要素が少ないと思うディアンドルで勝負です。

モズスーパーフレアは展開的に厳しそうだし、近走主戦騎手だった武騎手も北村友一騎手も降りて今回の鞍上が松若騎手というのがマイナス。

ファンタジストは近2走は明らかに距離が長かったが、それにしても負けすぎなのが気になる。

一番悩んだのはやはりミラアイトーンの大外枠。

実力はかなりのものがありそうだが‥‥

そうなるとやはり枠良し・勢い良し・ハンデ良しとしか思えないディアンドルです。

 

今回穴本命馬は2頭軸で勝負です。

 

最後に穴本命馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

穴本命馬1頭目は当初の予定通り、軽ハンデ・父ナスルーラ系・当レースで好成績を残す昇級馬という材料等からこの馬を推します。

ただちょっと外枠過ぎるかも‥‥思い切って待機策で一発狙って欲しい。

穴本命馬2頭目はアレスバローズの予定でしたが、このレースではマイナス材料の3番ゲート以内に入ったので消します。

そこで新たな穴本命馬は近走成績は振るわなかったが、前走は最悪とも言える枠順からかなり健闘した。

夏に調子を上げてくるタイプで前走の走りからも調子を上げてきそう。

昨年も好走したレースで、今回はその時期に好相性だった鞍上に戻るのもプラスでしょう。