北九州記念2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は北九州2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは小倉競馬場で行われる芝1200m戦。

台風の影響が心配でしたが、この分だと当日は良馬場で開催されるのでしょう。

台風と同じように今年も荒れることを期待してます。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

想定オッズではアレスバローズが4番人気ですが、多分勢いから考えてミラアイトーンが4番人気以内でアレスバローズが5番人気と想定してます。

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

4~9番ゲートに好走馬が集まってますが、それ以上に気になるのが1~3番ゲートの複勝率が低い

開幕8日目ともなると内の馬場が傷んでるからでしょうか。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

このデータもやはり1~3番ゲートの成績の悪さが目立つ。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~3番ゲート不利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

基本的には先行馬有利ですが、逃げ馬は全滅

そして意外にも差し馬の好走が目立ちます

勝率では先行馬より劣るものの、中団以降の馬でも勝ち数は劣らにない。

 

今回の展開を考えるとまずモズスーパーフレアとイエローマリンバの逃げ馬2頭がどのような争いをするか?

そして短距離戦の割りに先行馬がそれ程多くない。

逃げ馬の成績の悪さを考えると、この2頭を見ながらその後ろで満を持して待機できる馬が勝利に近そう。

そういう意味で注目しているのはディアンドルです。

常に先行できる脚を持ち、現在5連勝中。

1番人気ですが、無理に逆らいたくはないですね。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父or母父にナスルーラ系です。

とにかくサクラバクシンオーの血を持つ馬が活躍するレース。

それ以外でも母父トニービンの馬が絡んでいる。

 

今回の該当馬は

 

アレスバローズ
エントリーチケット
シャドウノエル
ラインスピリット
ラブカンプー

 

以上5頭です。

ただエントリーチケット・シャドウノエル・ラインスピリットは想定オッズが3桁でラブカンプーは4戦連続殿負け。

この中で常識的に狙えそうなのはアレスバローズくらいでしょう。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

近5年で父or母父にナスルーラ系を持つ馬が来なかったのは2014年だけ。

今年の該当馬は5頭だけで、狙いは絞りやすい。

トップハンデというのは気になるが、前走もセイウンコウセイには先着していて衰えはまだ感じない。

極端な内枠にさえ入らなければ、昨年の再現をできるかもしれない。