函館2歳ステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は函館2歳ステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~12番ゲート有利と判断しています。

そして上位人気馬は全て12番ゲート以内に収まりました。

それでは上位人気馬4頭の配置を見てみます。

 

見た感じで一番微妙なのは1枠1番ビアンフェです。

この枠に入った以上ある程度前で競馬をしなければならない。

ただ中団くらいに位置するようなら、キャリアの浅い若駒にとって揉まれる枠は歓迎できない。

全てはスタート次第と言ったところでしょう。

 

その他3枠5番タイセイビジョン2枠3番レッドヴェイパー3枠6番パフェムリも揃って内枠だが最内ではないので特に問題ないでしょう。

 

対抗馬は上位4番人気以内から2頭選びます。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬ー〇1枠1番 ビアンフェ (馬連・ワイド各300円)

穴本命馬ー〇2枠3番 レッドヴェイパー (馬連・ワイド各400円)

穴本命馬ー〇3枠6番 パフェムリ (馬連・ワイド各300円)

 

オッズも付きそうなので多少手を広げました。

外枠に入ってしまったら話は変わるが、4頭とも12番ゲート以内に収まった。

キャリアの浅い2歳戦で展開予想は難しいので、ここは枠順より血統で決めました。

 

1枠1番ビアンフェは正直枠は微妙だがこのレース特注血統の母父サクラバクシンオー産駒

2枠3番レッドヴェイパーのキンシャサノキセキ産駒の買い時は2歳戦

3枠6番パフェムリは母父サクラバクシンオー程ではないが同じ母父ナスルーラ系という理由で決めました。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

穴馬候補だったビアンフェとパフェムリはなんと両馬とも4番人気以内に入ってしまった。

この時点で候補馬が消えてしまったので、新たな馬で勝負します。

血統傾向の記事でも推奨した母父ノーザンダンサー系で、同じく過去データの記事では6個の消去項目で残った数少ない馬。

今回は強気の連闘策だが、陣営のコメントでは当初から連闘のつもりで前走は8割仕上げでの勝利。

現時点での人気も無いので、面白い穴馬かもしれません。