函館2歳ステークス2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は函館2歳ステークス2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは函館競馬場で行われる芝1200m戦。

2歳馬最初の重賞ですが、はっきり言って毎年分からない。

殆どの馬が1戦しか走ってないので、何を基準にしてよいのか毎年悩みます。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

2009年の札幌開催を除く過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

基本的には中枠辺りに好走馬が偏っているように見えます。

揉まれるリスクがある内枠はキャリアの浅い若駒には多少不利か?

しかし1番ゲートは好成績なので、割引くほどではないでしょう。

そうなるとやはり不利なの13番ゲート以降の外枠ではないでしょうか。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

こちらは決定的に差が出ましたね。

12番ゲート以降の複勝率は0%です。

 

少し悩みますが、両データで共通して不利な枠順を考慮して今回の結論は

 

13番ゲート以降不利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

札幌開催は対象外です。

 

 

意外なのは逃げ馬の成績がイマイチ。

そして後方馬はそれ以上に成績が悪いですが、2勝している。

ただ無難に考えるなら先行馬と差し馬でしょう。

しかしこの時期に脚質なんて見当がつかない。

毎年言うのですが、脚質傾向はあくまで参考程度です。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にキンシャサノキセキ・ダイワメジャー・ノーザンダンサー系又は母父にナスルーラ系・ノーザンダンサー系です。

この中でも特筆は母父ナスルーラ系です。

ナスルーラ系というよりサクラバクシンオーの血は要注意です。

 

今回の該当馬は

 

イーサンティラノ
ケープコッド
ゴッドスター
タイセイビジョン
ニルカンタテソーロ
パフェムリ
ビアンフェ
プリモジョーカー
マンバーレッド
ヴェイパー

 

以上10頭です。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

2歳戦は血統背景だけで走れる時期。

そして姉のブランボヌールはこのレースを制した。

母父にサクラバクシンオーを持つというのも推せる材料です。

前走辛勝の割りには人気があるようですが、もう少し人気が下がってくれるようなら狙ってみたいです。

その前に抽選次第ですが(;^_^A