函館スプリントステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は函館スプリントステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

もうご存知の方も多いでしょうが、禁止薬物の摂取により今週150頭以上の競走馬が出走取り消しとなる大事件が起こりました。

その影響でこのレースは7頭立てとなりました。

 

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?と言いたいところですが7頭ではほとんど意味無いと思います。

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

今回は枠順の有利不利は考えなくて良いでしょう。

こんな状態になってしまうと穴馬と思っていた馬も人気馬になってしまう。

今回はワイド馬券も止めます。

この頭数でどうやって利益がでる馬券が買えるかを考えます。

 

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬 ?

〇8枠13番 タワーオブロンドン 

▲2枠2番 ペイシャフェリシタ

▲7枠11番 アスターペガサス

 

◎ー〇ー▲▲(3連複) 2点 各1000円

 

この頭数となるとタワーオブロンドンの凡走はまず考えられない。

馬連1点も考えましたが、守りも重視したいのでワイドの代用品として3連複で勝負です。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

はっきり言って穴馬では無くなった。

それでも当初狙っていた馬なのでブレずにこの馬で勝負します。

現実的に狙える位置にいて、配当もそれなりにある馬はこの馬しかいないと思います。