函館スプリントステークス2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんにちは、ワイド師です。

今回は函館スプリントステークス2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは函館競馬場で行われる芝1200m戦。

いよいよ夏競馬の始まりですね。

二桁人気馬もよく突っ込んでくるこのレースですが、今年はどうなるでしょうか?

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

札幌開催だった2009年を除いた過去9年のデータは以下の通りです。

 

 

パッと見て1~3番ゲートがかなりの好成績

外枠も来ない訳ではないが、開幕週なので内枠有利なのは当然ですね。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去9年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると意外なことに穴馬に関して言えば、内外で有利不利は無い。

ちなみに全体傾向で1~3番ゲートの成績が良かったのは、1~4番人気馬がそこに集中していたからです。

 

ちょっと迷いますが、上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

でも1~3番ゲートに入った馬は注意した方が良いかもしれません。

 


次に脚質傾向です。

過去9年のデータは以下の通りです。

 

 

開幕週で直線も短いコースなので、基本的には逃げ・先行馬が有利です。

今回前に行く馬が比較的少なくカイザーメランジェ・シュウジ・ダノンスマッシュ・ライトオンキューくらいでしょうか。

1番人気想定のダノンスマッシュには心強いデータです。

他3頭は内枠に入ったら人気的にも面白い穴馬になりそうです。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にクロフネ・マンハッタンカフェ・ダイワメジャー・ミスプロ系又は母父にナスルーラ系です。

今回はクロフネ産駒とダイワメジャー産駒は該当馬がいませんでした。

 

今回の該当馬は

 

カイザーメランジェ
タワーオブロンドン
ダイメイフジ
ダノンスマッシュ
ティーハーフ
デアレガーロ
トウショウピスト

 

以上7頭です。

特にタワーオブロンドンは父ミスプロ系で母父ナスルーラ系。

傾向的にはピッタリではないでしょうか。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

脚質的には差し馬で傾向には合わないが、それでもこのコースは2戦2勝で相性ピッタリ。

2走前はリナーテにも勝っているし、鞍上もこのコースはかなり得意としているので注目しています。