共同通信杯2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんにちは、ワイド師です。

今回は共同通信杯2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝1800m戦。

多数の回避馬が出て今年は8頭立てという寂しい頭数になりました。

現在3強オッズとなっていますが、そう簡単に3頭で決まらないのが競馬。

頑張って穴馬探していきます。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

基本的に内枠有利で複勝率で見ると8番ゲートまで。

ただ9頭立てなのであまり気にしなくて良いかも。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

こちらは中枠辺りに穴馬が集中している。

こちらのデータも9頭立てということを考えるとあまり意味が無さそう。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると先行馬が勝率・複勝率共にトップ。

枠順傾向と一緒に考えると、内枠先行というのがベストな条件でしょう。

ただキャリアの浅い馬が多く、枠順次第で脚質も変わってきそう。

ここは枠順待ちですね。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・ディーインパクト

・ミスプロ系

 

又は

 

母父に

・ロベルト系

 

又は

 

5代血統内に

・父にノーザンダンサー系以外のサドラーズウェルズ内包馬

 

です。

サドラーズウェルズ内包馬がよく好走するのだが、条件付きで父がノーザンダンサー系だとダメですね。

過去5年で父ノーザンダンサー系の馬は好走馬無しです。

 

今回該当馬

 

ココロノトウダイ
シコウ
フィリオアレグロ

 

以上3頭です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

父にミスプロ系を持ち、現在2連勝中で勢いもある。

前走は差し追い込みから一転して、先行策で勝利。

今回も同じような競馬をしてくれればチャンスはありそう。