共同通信杯2020予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は共同通信杯2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

普段は上位人気馬4頭の配置を見ていきますが、3強オッズとなっているので今回は3頭で。

ただ、少頭数でもあり3頭とも揃って外枠配置。

内枠なら詰まって出れない等何かしら粗が出る可能性もあるが、少頭数の外枠となると特に考えることも無いでしょう。

ということで今回は省略します。

 

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びますが今回は上位3頭から選びます。

今回の対抗馬は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬7枠7番 フィリオアレグロ (馬連 500円・ワイド 1000円)

◎穴本命馬8枠8番 マイラプソディ (馬連 500円)

 

まず対抗馬筆頭は半兄にサトノクラウンを持つフィリオアレグロ。

新馬勝ちのみだが、マイラプソディの一本被りなので妙味的に狙ってみます。

 

対抗馬2番手はやはりマイラプソディでしょう。

普通に考えたらこの頭数で馬券から消えるとは考えずらい。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

3戦連続上り最速で、前走は前目で競馬をできたことも収穫。

父はこのレースでは好走血統の父ミスプロ系で、2年前のこのレースでは穴馬を輩出している。

今回と同距離で2連勝と勢いに乗っている点でもプラス材料です。