京阪杯2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京阪杯2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝1200m戦。

主役はスプリンターズステークス2着のモズスーパーフレアとなりそうだが、とにかくこのレースはまともに人気馬が来ない。

今年もバカ荒れになるでしょうか?

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると分かり易く良績馬が9番ゲート以内に集中している。

 

勝率で見てもやはり内枠が有利と見てとれる。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬で見ても同じですね。

好走馬は9番ゲート以内に密集している。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~9番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率・勝率共に圧倒的に逃げ馬有利です。

そして勝ち馬は逃げと先行で9勝という実績。

 

 

もうこのデータをみるとまず逃げるであろう1番人気想定のモズスーパーフレアは実力・傾向から考えても不動の軸馬と考えて良さそう。

ただ懸念されるのは中山1200mに良績が集中しているということ。

ここをどう判断するかですね。

仮にモズスーパーフレアが危ないとして、その他で推奨したいのはナックビーナス

逃げ先行馬で9勝挙げているが、その内7頭は前走最終コーナーで3番手以内だった。

その該当馬はモズスーパーフレア・フミノムーン・ナックビーナスの3頭。

フミノムーンに関してはもともと追い込み馬で前走は奇策と言えるようなたまたまの逃げ。

そうなるとモズスーパーフレア以外で推したいのはナックビーナスという結論です。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にノーザンダンサー系又は母父ミスプロ系又は父ミスプロ系×母父ノーザンダンサー系です。

短距離戦となるとミスプロ系が主流と思えるが、このレースは意外にもノーザンダンサー系がかなり活躍しています。

 

今回の該当馬は

 

アウィルアウェイ
エイシンデネブ
エメラルエナジー
カラクレナイ
ダイシンバルカン
ビップライブリー
フミノムーン
モズスーパーフレア
ライトオンキュー
ラブカンプー

 

以上10頭です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

昨年も大穴をあけたノーザンダンサー系のローエングリン産駒。

今回の人気馬であるアウィルアウェイに前走は斤量差が3キロもありながらコンマ2秒差の惜敗。

今回はその斤量差が1キロ差まで縮まる。

3走前は北九州記念3着馬のアンヴァルに勝利。

当初は1400mで実績を挙げてきた馬だが、近走は1200mで実績を挙げている。

今回のメンバーならモズスーパーフレアを除けば、十分に勝負になる馬だと思います。