京阪杯2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京阪杯2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~9番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見てみます。

 

まずは3枠6番ライトオンキューですが、先行・差し対応可能な自在タイプ。

枠順も内枠に入り好枠でしょう。

 

次に6枠12番アイラブテーラーですが、基本的に差し馬。

脚質的には問題無いが、枠順的には好枠には入ってない。

及第点でしょう。

 

次に7枠14番モズスーパーフレアですが、外枠配置は明らかにマイナス。

ただ幸いなことにこの馬に逃げ合戦を挑むような馬もいないので、一気に内に切れ込めば先手を奪えると思う。

 

最後に7枠15番エイシンデネブですが、差し・追い込みスタイルなのでこの枠順はマイナスではない。

ただ傾向から考えると、この馬の競馬は後ろ過ぎる。

 

今回は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬〇7枠14番 モズスーパーフレア (ワイド 2000円)

 

モズスーパーフレアは決して好枠ではないし、中山専用機の可能性もある。

ただどう考えてもスプリンターズステークス2着の実績は他の上位人気馬と比べるとここでは抜けていると思う。

ベスト条件でなくても3着以内という意味では信頼度は1番高いと判断します。

 


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

狙うなら絶対9番ゲート以内。

5番人気以下の穴馬は過去10年中10回馬券内。

その中でも選ぶならこの馬。

過去記事で書いた血統傾向・枠順傾向・データ推奨馬の全てに当て嵌まるのはこの馬だけ。

エイシンデネブが人気になるなら、前走斤量差3キロあったのが今回は同斤量です。

ここは買い時だと思います。