京都2歳ステークス2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京都2歳ステークス2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝2000m戦。

9頭という少頭数で、先週の2歳重賞もガチガチ決着。

それでも懲りずに下位人気馬から狙っていきたいと思います。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

過去10年で最多頭数でも12頭立て。

基本的に少頭数なのですが、それでも複勝率で見ると6番ゲートまでに好走馬が多い

勝数でも6番ゲート以内で9勝している。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬で見るとこちらも6番ゲートまでの複勝率が高い。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~6番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると追い込み馬以外はどれでも狙えそう。

勝ち馬に関してはは先行・差しに集中。

ただやはり2歳戦で脚質判断は難しい。

参考程度で見ておきましょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にサンデーサイレンス系orノーザンダンサー系又は母父にロベルト系です。

特にサンデーサイレンス系の中でもハーツクライ産駒の活躍が顕著です。

 

今回の該当馬は

 

ジャストナウ
トウカイデュエル
ヒシタイザン
マイラプソディ
ミヤマザクラ

 

以上5頭です。

ちなみに今回ハーツクライ産駒は断然人気が予想されるマイラプソディただ1頭。

人気でも血統傾向的には外せない1頭ですね。

 

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

脚質傾向では逃げ馬の複勝率は50%超え。

3戦して2度逃げているこの馬が今回先手を取れるようならノーチャンスではないと思う。

後は枠順で出来るだけ内に入ってくることを祈るだけ。