京都2歳ステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京都2歳ステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~6番ゲート有利と判断しています。

今回は完全に3強オッズとなっているので、上位人気馬3頭の配置を見てみます。

 

まずは4枠4番ロールオブサンダーですが、初戦は差しで2戦目は逃げるという競馬で2連勝。

正直今回はどんな競馬をするのかはわからないが、とにかく有利枠に入ったことはプラスでしょう。

 

次に6枠6番ミヤマザクラですが、2戦とも中団くらいでの競馬をしています。

外過ぎず内過ぎず、問題ない枠順でしょう。

 

最後に8枠8番マイラプソディですが、有利枠から外れた外枠配置。

少頭数なのでそこまで気にすることも無いが、過去傾向から言うと多少なりとも不安が残る枠順です。

 

 

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びますが、今回は3番人気以内から。

今回は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬〇6枠6番 ミヤマザクラ (ワイド 1000円)

◎穴本命馬-〇8枠8番 マイラプソディ (ワイド 1000円)

 

断然人気のマイラプソディでは正直妙味ゼロですが、前走の圧巻の走りから考えて圏外は考えにくい。

ミヤマザクラの鞍上マーフィーがこのオッズで買えるなら妙味十分。

牝馬という点で割引材料なのだが、近親にも活躍馬がいるので血統背景から狙いたいです。

 

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

人気は全くないが、絶好枠に入ったと思う。

この馬は前走3着だったが、その時の4着馬は現在3番人気のロールオブサンダーとコンマ1秒差の勝負をしたことがある馬。

ロールオブサンダーを物差しで考えると、枠順利を活かせば3着くらいなら拾える可能性はあると思う。