京都2歳ステークス2018予想 過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京都2歳ステークス2018の過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析の記事です。

 


まずはデータ推奨馬から入ります。

過去4年の結果は以下の通りです。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

過去10年で5番人気以下の穴馬に多く見られる共通点

 

① 前走新馬・未勝利は1着(例外無し)

② 前走500万以上は2着(例外無し)

③ 前走京都or東京競馬場(例外無し)

④ 前走芝2000m(例外無し)

⑤ 牡馬(例外無し)

以上になります。

今回の想定オッズ5番人気以下で該当するのは

 

ペルソナデザイン

 

この1頭です。

ただ一つ弱点がありまして、この馬は関東馬。

関東馬はこのレースでは相性最悪です。

今回はこの1頭をデータ推奨馬とします。

 


それでは本命馬(穴馬)予想に入ります。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 ワールドプレミア 2.3
2 クラージュゲリエ 3.0
3 ミッキーブラック 3.4
4 ブレイキングドーン 8.6
5 ラヴズオンリーユー 16.4
6 ショウリュウイクゾ 18.1
7 スズカカナロア 57.1
8 ペルソナデザイン 61.6
9 ヤマカツシシマル 97.2

 

本命馬は5番人気以下から狙いたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で本命馬候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭本命馬候補を挙げたいと思います。

 

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

京都2歳ステークス2018予想 枠順・脚質血統傾向

クリックしたら飛びます。

本命馬候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

兄弟は活躍馬多数。

重賞馬プロディガルサン・海外G1馬リアルスティール・OP馬ラングレー。

3頭に共通するのは全て父ディープインパクト。

そしてこの馬も同じく父ディープインパクトで期待値は決して低くは無いはず。

 


最後に出走予定馬分析です。

対抗馬は基本的に1~4番人気以内から選びます。

 

ワールドプレミア

鞍上武豊。

兄弟には重賞馬ワールドエース。

まだ新馬戦のみで力関係がはっきりしていないが、兄も皐月賞までは連対率100%という父ディープインパクト産駒ならではの勢いがあった。

この馬もワールドエースと同じ父で可能性は秘めていると思う。

 

クラージュゲリエ

前走は札幌2歳ステークスで1番人気3着。

ワールドプレミアとは違い、力関係のメドは立っている。

そして兄弟には京成杯勝馬プロフェットがいる。

過去2戦とも洋芝だったが、キンカメ産駒なので洋芝専門ということも無いと思う。

鞍上もモレイラとなれば警戒すべき1頭である。

3着以内を考えるならワールドプレミアよりこの馬を上位に取りたい。

 

ミッキーブラック

母はアルゼンチンのG1馬。

現在2連勝中で鞍上Cデムーロ。

ここまでは良いのだが前走の2着馬は次走500万で2着。

その時の1着馬は東スポ杯2歳ステークスでボロ負けのトーラスジェミニ。

力関係的には微妙で何とも言えない。

 

ブレイキングドーン

前走は放馬により除外になってしまったが、新馬戦はコンマ5秒差の快勝。

その時の2着馬は次走未勝利1着・500万クラス1着の2連勝。

クラスのメドは立っている。

3着以内で考えるなら妙味ある対抗馬として狙っても面白いと思う。

 


以上で記事は終わりです。

現時点では配当的に狙うならクラージュゲリエかブレイキングドーンが良いかと思ってます。

 

本命馬候補をまだ見ていない方はこちらからでもどうぞ。

本命馬候補(B)☟


中央競馬ランキング