京都2歳ステークス2018予想 枠順確定後の最終結論

おはようございます、ワイド師です。

今回は京都2歳ステークス2018の枠順確定後の最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順は以下の通りです。

 

1枠1番 クラージュゲリエ
2枠2番 ワールドプレミア
3枠3番 スズカカナロア
4枠4番 ペルソナデザイン
5枠5番 ミヤケ
6枠6番 ブレイキングドーン
7枠7番 セイカヤマノ
8枠8番 ミッキーブラック
8枠9番 ショウリュウイクゾ

 

赤字の馬が現在上位人気4頭です。

少頭数なので気にしすぎることも無いと思いますが、上位人気馬の中では1枠1番クラージュゲリエがちょっと嫌な枠に入りましたね。

気性難がある馬なので最内枠で揉まれるのはマイナス材料。

過去2戦後方からの競馬なので、その点でもできれば中枠辺りが良かったでしょう。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

 

今回は対抗馬1頭の1点勝負です。

そして対抗馬はこの馬です。

(対抗馬)

今回の対抗馬は

1枠1番 クラージュゲリエ(2000円)

 

(抑え馬)

今回は無し

 

たった今嫌な枠に入ったと言っておきながら対抗馬にしました(;^_^A

理由は2戦連続上り最速という基本能力が高いこと。

鞍上モレイラで芝重賞の好走歴があるのはこの馬だけ

しかも前走接戦したニシノデイジーはその後東スポ杯も制した

以上のことから不安要素より期待を込めて対抗馬です。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

戦績を見るとワンパンチ足りない。

血統的にも伸びるのはもう少し先のハズ。

ただ何故かこの馬の父の産駒はこのレースを得意としている。

兄弟には重賞馬がいて、2000mからの距離短縮馬が強い傾向もある。

おまけにデータ推奨馬で挙げた馬はこの馬だけ。

もう買うしかないですね。