京都金杯2020予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京都金杯2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~8番ゲート有利と判断しています。

それでは上位4番人気馬までの配置を見ていきます。

 

まずは2枠3番サウンドキアラですが、脚質はイマイチはっきりしないが基本的には先行馬。

内枠は好枠と言って良いでしょう。

 

次に3枠6番ダイアトニックですが、この馬も好枠に入ったと言って良いでしょう。

ただこの枠に入った以上、多少いつもより前目で競馬をする必要はある。

 

次に7枠13番カテドラルですが、近年は外寄りでも好走馬が出てているので可もなく不可もなくではないでしょうか。

 

最後に8枠18番ソーグリッタリングですが、さすがにこの枠は痛い。

差し馬だが、傾向的に考えれば外過ぎますね。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

 

今回の対抗馬は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬〇2枠3番 サウンドキアラ  (馬連 500円 ワイド 500円)

◎穴本命馬-〇3枠6番 ダイアトニック (馬連 500円 ワイド 500円)

 

差し・追い込み馬のソーグリッタリング・カテドラルは配置・脚質で不安要素が大きい。

消去法的な感じですが、そうなるとサウンドキアラ・ダイアトニックが残りました。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

ベスト距離のマイル。

前走は展開が向いたとは言え、ソーグリッタリングに先着。

そして今回もソーグリッタリングとの斤量差は同じ。

配当的にもソコソコつきそうなので狙う価値はあると思います。