京都記念2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京都記念2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝2200m戦。

今年は有力牝馬2頭が参戦。

しかし1番人気馬が過去に何度も沈んだレース。

ただそれでも今年は堅く収まるのではないかという予感はしています。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

登録馬10頭なので14・15番ゲートの複勝率は対象外で、中~外枠の複勝率が高めです。

ただ決定的に内枠不利とも言えないですね。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

こちらは複勝率で見ても内外で差はありません。

ただこのレースは過去10年で7番人気以下が一度も絡んだことがないレース。

逆に1番人気馬は期待を裏切りやすいレース。

穴馬券を狙うなら5・6番人気→2・3・4番人気という馬券の組み方が美味しいかもしれません。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率・勝率共に先行馬有利です。

先行馬が8勝しているというのはかなり注目ですね。

ただ今回は先行馬が結構多い。

そうなると先行馬のすぐ後ろでチョイ差し出来そうな馬も捨て難い。

最近チョイ差し競馬が身についてきたクロノジェネシスはまさにこのタイプ。

傾向的には有利ではないが、展開的には向く可能性もありそうです。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・ディーインパクト

・ミスプロ系

 

又は

 

母父に

・ミスプロ系

 

です。

ディープインパクト産駒はもちろんですが、ミスプロ系も好相性。

ただミスプロ系といっても厳密に言えばキングカメハメハ系が主ですね。

キンカメの血は侮れません。

 

今回該当馬

 

アメリカズカップ
カレンブーケドール
クラージュゲリエ
ステイフーリッシュ

 

以上4頭です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

正直今年は堅く収まる気がする。

ですが穴馬ならこの馬。

結構本命にするのですが、今回もまた選んでしまった(;^_^A

今回はこの馬のベスト距離ベストコース。

先行勢が多いので前に付ける脚が年齢的にあるかが問題だが、内枠ならワンチャンあるかも。