京都牝馬ステークス2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京都牝馬ステークス2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝1400m戦。

注目は桜花賞2着・秋華賞3着のシゲルピンクダイヤでしょう。

昨年は大波乱でしたが、今年はどうなるでしょう。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

2016年から距離変更となったのでデータもそれ以降となります。

過去4年の結果は以下の通りです。

 

 

内枠と極端な外枠の成績が非常に悪い。

中枠の馬が好成績を挙げています。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

穴馬に関しても全体傾向と同じく中枠を中心視して良さそう。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

6~15番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去4年の傾向は以下の通りです。

 

 

サンプル数は少ないですが、逃げ馬不利で差し馬有利という結果。

枠順傾向と合わせて考えると外差しが強いレースと言えそう。

先行馬もそれなりに来ているので、ポジション的には4番手~中団くらいに付けれそうな馬を狙ってみたいですね。

今回有力馬のシゲルピンクダイヤは差し馬ですが、どちらかと言うと追い込みに近いポジションを取ってくる。

あまり後ろ過ぎると危険か?

逆にビーチサンバは近2走4角先頭で善戦している。

どちらかと言うとこの馬の方が傾向的には危ない人気馬と言う可能性が高そうです。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

ディーインパクトを除くサンデーサイレンス系

 

です。

まずミスプロ系は過去4年で2頭絡んでいるが、複勝率は決して高くない。

そうなるとサンデーサイレンス系となるのですが、実はディーインパクト産駒は11頭出走して馬券内は1頭だけという酷い成績なので除外しました。

 

今回該当馬

 

アマルフィコースト
シゲルピンクダイヤ
ノーワン
メイショウショウブ
モアナ
リナーテ

 

以上6頭です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

血統推奨した父サンデーサイレンス系で、前走は久しぶりの掲示板入り。

成長力のある血統から考えてもまだこれからという可能性はある。

3歳時には同距離重賞を勝っていて距離も問題なし。

人気もあまりなさそうなので狙ってみたい。