京都新聞杯2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は京都新聞杯2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは京都競馬場で行われる芝2200m戦。

超高額馬で2戦2勝のアドマイヤビルゴが登場です。

今回はアドマイヤビルゴ以外のメンバーを見るとかなり小粒揃い。

さらに想定オッズをみると7番人気以下はかなり離されている。

堅いレースになるかもしれません。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると先行・差しは互角だか、差し・追い込みで8勝挙げている。

先行馬も軽視できないが、基本的には後方勢を重視したい。

ただ逃げるのはホウオウエクレールだとは思うが、その他はキャリアも浅く枠順次第というところもあるので判断は難しいですね。

 


次に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・ディープインパクト

 

又は

 

母父に

・ノーザンダンサー系

 

又は

 

・グレイソブリン内包馬

 

です。

このレースはディープインパクト産駒や母父ノーザンダンサー系が活躍していますが、掘り下げるとトニービンを代表とするグレイソブリン内包馬も好走しています。

 

今回の該当馬

 

アドマイヤビルゴ
アリストテレス
アンセッドヴァウ
イロゴトシ
キッズアガチャー
キングオブドラゴン
シルヴェリオ
ディープボンド
マンオブスピリット
メイショウダジン

 

以上10頭です。

 


最後に上位人気馬過去データ消去法です。

上位人気馬は基本的には4番人気以内としています。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 前走G1出走馬or前走重賞で4番人気以内or前走1着馬
② 馬体重440キロ以上

 

以上になります。

過去10年で4番人気以内馬のどれかが来た年は10回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去10回中10回です。

 

今回の該当馬

 

ファルコニア
マンオブスピリット

 

この2頭です。

断然人気が予想されるアドマイヤビルゴですが、今回の出走メンバーでは多分最軽量となる430キロ台。

馬格は能力を左右する大きなファクターでもあるので、不安要素はあります。

 


これで考察は終わります。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

新馬戦こそ敗れたが、その後は2連勝。

2戦目は青葉賞で2番人気になったフライライクバードに完勝。

前走は毎日杯3着のダノンアレーにも勝利。

血統的にもグレイソブリン内包馬であり、現状の想定オッズくらいなら狙って損は無いでしょう。