京都大賞典2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京都大賞典2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝2400m戦。

近年少頭数が多いレースでしたが、今年は久しぶりにそれなりの頭数が予想されます。

あまり荒れないレースですが、頭数が揃えば荒れる可能性も高まるので楽しみなレースになりそうです。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

まず注目は1・2番ゲートで6勝挙げています。

天皇賞春みたいに極端な勝率です。

ただ複勝率で見ると10番ゲート以内までは好成績です。

 

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

このデータも10番ゲート以内までは穴馬が多く出現していますね。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~10番ゲート有利

 

と判断します。

ただ特注は1・2番ゲートでしょう。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝璃で見ると先行・差しが互角です。

最も成績が悪いのが逃げ馬です。

開幕週ですが、このレースは追い込み馬も2勝しているように追い比べの傾向が強いレースと言えます。

ただ今回逃げ・先行馬が少なくダンビュライト・ドレッドノータス・パリンジェネシス・レノヴァール辺りです。

まあドレッドノータス・パリンジェネシス・レノヴァールは能力的に厳しいですが、前残りがあるならダンビュライトかもしれません。

先行馬で挙げるならダンビュライトは要注意でしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系)
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にサンデーサイレンス系・ミスプロ系です。

対象馬15頭中13頭がこの条件に当て嵌まります。

今回は該当馬が多いので非該当馬を載せます。

 

今回該当馬

 

ウインテンダネス
ドレッドノータス
ノーブルマーズ
パリンジェネシス

 

以上4頭です。

ただこのレースはトニービンの血を持つ馬が結構活躍してるので、特にノーブルマーズは宝塚記念のように内枠に入ったら考えを改めるかもしれません。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

4番人気くらいになるようなら考えるが、こんなに想定オッズがつくなら狙ってみたい。

長期休養明けだが3連勝中で、その負かした中には現在5連勝中で重賞は3連勝中のメールドグラースがいる。

勢いに乗ったディープ産駒は買いです。