京王杯2歳ステークス2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京王杯2歳ステークス2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝1400m戦。

牝馬も多数登録していますが、大半はファンタジーステークスへ向かうことが濃厚。

そうなると頭数もかなり減り荒れる見込みは低そうですが、それでも穴馬狙っていきます。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると好走馬が多く出ているのは9番ゲートくらいまで。

ただ外枠も全く来てない訳では無いので微妙。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

こちらも平均して内枠に好走馬が偏っているるが、15番ゲートの複勝率は高い。

ただ、8番ゲート以内と9~17番ゲートで区切ると複勝率は断然8番ゲート以内が有利。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~8番ゲート有利

 

と判断します。

ただ回避馬が4頭は出そうなのでそこまで枠順を気にする必要はないかも‥‥

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると断然逃げ・先行馬有利です。

差し馬も4勝しているが上り1位の成績が格段に良いという訳でもない。

やはり狙うなら前に行く馬を選ぶのがベストでしょう。

ただキャリアの浅い2歳戦で脚質判断は難しい。

参考程度で覚えておくくらいで良いでしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(ロイヤルチャージャー系)
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にキンシャサノキセキ・ダイワメジャー・マツリダゴッホ・ミスプロ系・ナスルーラ系です。

特にキンシャサノキセキ産駒はこの時期は狙い目なのですが、残念ながら今回は該当馬無しでした。

 

今回の該当馬は

 

アポロニケ
グランチェイサー
グレイトホーン

 

以上3頭です。

今回は回避濃厚なペコリーノロマーノとモズアーントモーは対象から除外しています。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前走は出遅れと掛かり過ぎで大敗。

いくらなんでも負け過ぎで普通なら即消しだが、可能性があるとすれば今回新馬戦と同距離に戻ること。

そして、キンシャサノキセキ産駒同様に短距離・2歳戦に強いダイワメジャー産駒であること。

前走の大敗で評価がガタ落ちになるなら、狙ってみても良いかもしれない。