京王杯2歳ステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京王杯2歳ステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~8番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見てみます。

 

まずは2枠2番マイネルグリットですが、上位人気馬の中では最内枠に入った。

過去の好走馬は比較的内寄り傾向があるので絶好枠と言って良い思います。

 

次に4枠4番タイセイビジョンですが、前走は函館で16頭立ての5番ゲートからの追い込みでした。

少頭数で東京コースであれば内枠でも特に問題ないでしょう。

 

次に7枠8番ビアンフェは2戦連続で逃げていることから考えると、内枠がベストだったはず。

それでも少頭数なので及第点といった枠順でしょう。

 

最後は5枠5番ヴァルナですが、2戦して4角1~2番手というレースをしている。

極端な外枠でもないので特に問題無いでしょう。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬①〇7枠8番 ビアンフェ (馬連・ワイド 各500円)

◎穴本命馬②-〇7枠8番 ビアンフェ (馬連・ワイド 各500円)

 

ルメール騎手鞍上のタイセイビジョンが1番人気ですが、前走この馬に勝ったのはビアンフェ。

それでもこの人気差が出るのは鞍上と距離適性からなのでしょう。

ただビアンフェも1400mなら血統的にも兄弟的にも許容範囲の距離なはず。

そして基本的には逃げ・先行馬が有利なレースで、その点でもビアンフェを上位に取りたい。

 

最後に穴本命馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

穴本命馬①

減量の恩恵が無くなったが、血統的に1ハロン短くなるのは確実にプラスに働くであろうこの馬。

穴本命馬②

前走の惨敗は出遅れ・掛かりすぎが敗因。

新馬戦と同じ距離に戻り、血統的にも2歳戦短距離ならばこの種牡馬は要注意です。