京王杯2歳ステークス2018予想 過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京王杯2歳ステークス2018の過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析の記事です。

 


まずはデータ推奨馬から入ります。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

過去10年で5番人気の穴馬に多く見られる共通点

 

① 前走芝1600m以下(例外無し)

② 牡馬(例外無し)

以上になります。

今回は出走頭数も少なくシンプルな条件だけでもかなり絞れました。

現時点の想定オッズ5番人気以下で該当する馬は

 

カルリーノ
メイショウオニテ

 

この2頭です。

今回はこの2頭をデータ推奨馬とします。

 


それでは本命馬(穴馬)予想に入ります。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 ファンタジスト 2.0
2 アウィルアウェイ 2.3
3 アスターペガサス 4.0
4 シングルアップ 12.2
5 カルリーノ 24.6
6 ココフィーユ 29.5
7 メイショウオニテ 61.7

 

本命馬は5番人気以下から狙いたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で本命馬候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭本命馬候補を挙げたいと思います。

 

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

京王杯2歳ステークス2018予想 枠順・脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

本命馬候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

前走はアスターペガサスとタイム差無しの3着。

その割に想定オッズはかなり離されている。

父はロードクエストと同じマツリダゴッホで2歳時に活躍傾向があるのでは?

 


最後に出走予定馬分析です。

対抗馬は基本的に1~4番人気以内から選びます。

 

ファンタジスト

新馬戦2着馬はOP入り。

そしてこの馬は前走で重賞勝ち。

距離は200m伸びるが、ロードカナロア産駒の距離適性はアーモンドアイで実証済み。

8頭立てということを考えると、馬券圏外から消えるという可能性は極めて低いのでは?

 

アウィルアウェイ

牝馬でありながらファンタジーステークスを蹴ってこちらに回ってくるということは陣営もそれなりの期待がありそう。

更に鞍上もデムーロとなれば勝負度合いが高そうである。

 

アスターペガサス

函館2歳ステークスの勝ち馬。

前走は先行馬有利な流れから力強く差し切った。

着差以上に強い内容だったと思う。

鞍上も馬券圏内スぺシャリスト?の福永騎手ならこの馬も外すに外せない。

 

シングルアップ

早熟キンシャサノキセキ産駒で活躍するなら今しかないと思うのですが、前走はまさかの凡走。

ファンタジストとの直接対決で完敗という内容だったので、ちょっと狙いにくいかな。

 


以上で記事は終わりです。

現時点ではアウィルアウェイが気になります。

牝馬の身でありながらこのレースに出走してくるというのはそれなりの自信でしょう。

 

本命馬候補をまだ見ていない方はこちらからでもどうぞ。

本命馬候補(B)☟


中央競馬ランキング