京王杯2歳ステークス2018予想 枠順確定後の最終結論

おはようございます、ワイド師です。

今回は京王杯2歳ステークス2018の枠順確定後の最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順は以下の通りです。

 

1枠1番 ファンタジスト
2枠2番 メイショウオニテ
3枠3番 ココフィーユ
4枠4番 シングルアップ
5枠5番 アウィルアウェイ
6枠6番 カルリーノ
7枠7番 アスターペガサス
8枠8番 ラバストーン

 

赤字の馬が現在上位人気4頭です。

ファンタジーステークスと同じく少頭数なので枠順はあまり気にしなくても良いと思います。

脚質は不確定だが、逃げるのは外枠でもラバストーンではないでしょうか。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

 

今回は対抗馬1頭と抑え馬1頭の2点勝負です。

そして対抗馬はこの馬です。

(対抗馬)

今回の対抗馬は

7枠7番 アスターペガサス(1500円)

 

(抑え馬)

5枠5番 アウィルアウェイ(500円)

 

対抗馬は妙味で選びました。

前走は洋芝で力の要る馬場が得意だったという可能性もありますが勝ち方が強かった。

オッズも今回本命馬からファンタジストやアウィルアウェイの組み合わせより2倍近くあるので狙います。

抑え馬はやはりアウィルアウェイ。

牝馬でありながらファンタジーステークスを選ばなかったのは自信の表れ。

鞍上もデムーロとなれば馬券には入れておくべきでしょう。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

3番人気アスターペガサスとは前走コンマ1秒差の3着。

重賞で健闘したにもかかわらず低評価。

血統的に地味だが、この馬の産駒は早熟っぽい傾向があり2歳・3歳前半辺りまでが狙い目です。