京王杯2歳ステークス2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京王杯2歳ステークス2018の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝1400m戦です。

現時点で登録馬は9頭です。

いくらなんでも少なすぎ。

回避馬が出ないことを祈ります。

 


まず枠順傾向です。

登録馬9頭では調べる意味もないかもしれませんが一応調べました。

過去10年で9頭立ては1度もありません。

今回も頭数制限無しです。

 

 

9番ゲートまでの中枠辺りまでがコンスタントに良績を残しています。

今回登録馬が9頭なので有利不利は無いでしょう。

 

今度はコースデータを調べてみます。

ファンタジーステークスと同じく同競馬場の連続開催なので条件も近い2008年以降の2歳戦限定11月開催開幕1~2日目で検索しました。

京王杯2歳ステークスのデータは重複しないように除外してあります。

 

 

これを見ると17・18番ゲートの成績が落ちます。

やはり今回登録馬が9頭なので問題ないでしょう。

 

今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

対象は過去10年のデータです。

 

 

この傾向もファンタジーステークス同じで完全に逃げ・先行有利です。

要は実力のある馬が能力の違いだけで押し切ってしまうということです。

なにせこの時期は条件馬とG1馬が一緒に走る時期なのでそうなるのも当たり前です。

一応書きますが、逃げるならこの2頭のどちらかでしょう。

 

プライム
ラバストーン

 

想定オッズ最低人気とブービー人気の2頭です。

少頭数の時に限ってこういう馬が来たりする。

爆穴買いの人ならお勧めです。

 


最後に血統傾向です。

過去5年の活躍馬の傾向は父キンシャサノキセキorダイワメジャーです。

この2頭の産駒が両方とも来なかった年は過去5年で0回です。

もう無条件で買った方が良いレベルです。

今回の該当馬は

 

シングルアップ
プライム
メイショウオニテ

 

以上3頭です。

この3頭は要注意でしょう。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の本命馬候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

実力的に微妙ですが血統傾向を信じます。

早熟傾向の強いキンシャサノキセキ産駒で、前々走逃げての大敗から一転して好位差しで快勝。

多頭数なら狙いにくいが少頭数だからこそ思い切って狙います。