京王杯スプリングカップ2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は京王杯スプリングカップ2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1・2番ゲート不利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠2番グルーヴィットですが、前走は出遅れ気味だったが、基本は4~6番手くらいで競馬をする馬。

少頭数ですし包まれる心配も少なさそうですが、相性の悪い1枠と言うのは微妙。

 

次に7枠10番タワーオブロンドン8枠12番ステルヴィオですが、差し馬有利のレースでこの配置なら、少頭数でもあるし特に問題無いでしょう。

 

最後に8枠13番ダノンスマッシュですが、脚質的には内枠がベストだったはず。

少頭数なのでそれほど気にすることもないだろうが、プラスではないでしょう。

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選び、馬単勝負の穴馬2着付けです。

今回の対抗馬は4頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

 

(馬単)

②⑩⑫⑬ →◉穴本命馬???? (各400円×4点)

②⑩⑫⑬ →▲穴馬4枠5番 レッドアンシェル (各100円×4点)

(計 2000円)

 

今回の上位人気馬はどれも不安要素があり、これと言って決められない。

タワーオブロンドンは重馬場適正とピークが過ぎたかもという不安。

ダノンスマッシュは左回りと1400m適性の不安。

グルーヴィットは最内枠という不安。

ステルヴィオは距離適性の不安。

 

ただどれかは1着に来るのではないか。

 

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

週中候補馬の1頭レッドアンシェルを押さえとして、配当的に美味しそうなもう1頭の候補馬だったこの馬で勝負。

今回は比較的先行馬も少なく逃げなくても番手競馬か?

前走は先行勢全滅ながらも大健闘。

仮に控えたとしても好位をキープできそうで、上り勝負にも対応できる脚を持っている。

馬格のある馬が好走しやすいレースでもあり、この馬は資格十分。

前走も穴本命にした馬なのでもう一度勝負です。