京王杯スプリングカップ2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は京王杯スプリングカップ2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは東京競馬場で行われる芝1400m戦。

昨年に引き続き今年もタワーオブロンドンが出走。

今年は高松宮記念惨敗後の1戦で昨年のように順当に決まるでしょうか?

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると逃げ馬は好成績だか、追い込み馬も7頭が圏内に入っていて、大きな差はない。

ただ追い込み馬7頭中5頭は当日4番人気内

 

このことから後方一辺倒の馬は人気馬でない限り軽視したいですね。

例えばケイアイノーテックはまさにこのタイプ。

穴馬としてソコソコ人気になりそうですが、傾向から言うと軽視ですね。

 


次に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 注:Cure the Bluesとニホンピロウイナーはサンデー系ではありません
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

・父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系

 

です。

基本的にはサンデー系種牡馬が中心だが、近3年は複勝率はイマイチもミスプロ系が3年連続1着。

傾向的にはミスプロ系もサンデー系も狙えるが、それでは登録馬全頭が対象となってしまう。

そこで注目は父サンデー系×母父ノーザンダンサー系です。

毎年必ず1頭は好走するパターンでしかも穴馬が多いです。

 

今回の該当馬

 

ラヴィングアンサー
レッドアンシェル

 

この2頭です。

 


最後に上位人気馬過去データ消去法です。

上位人気馬は基本的には4番人気以内としています。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 前走高松宮記念組又は前走距離1600m以上出走馬
② 前走3番人気以内or3着以内
③ 馬体重490キロ以上

 

以上になります。

過去10年で4番人気以内馬のどれかが来た年は10回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去10回中8回です。

 

今回の該当馬

 

タワーオブロンドン

 

この1頭です。

 


これで考察は終わります。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

推したいのは今回該当馬が少なく血統傾向で挙げた父サンデー系×母父ノーザンダンサー系。

前走の大惨敗は鞍上が異変を感じて競馬をやめたことでノーカウント。

父は非根幹距離に強い血統でもあり、距離延長で嫌われるなら逆に狙ってみたい。