京成杯2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京成杯2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝2000m戦。

1戦1勝で牝馬のスカイグルーヴが想定1番人気というレース。

個人的には波乱の匂いがプンプンします。

このレースは比較的荒れる傾向があるので狙っていきたいですね。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事後2015年以降の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると外枠からも好走馬は出ているが、基本的には内枠に好走馬が多い。

内枠有利と考えて良さそう。

 

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると明らかに内枠有利。

穴馬を狙うなら5番ゲート以内から決め打ちしてもよいレベルです。

昨年もヒンドゥタイムズを決め打ちして当てたレース。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~5番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

中山コースとなると逃げ馬有利とも思えるが、意外にも逃げ馬は全滅。

そして追い込みの複勝率が20%を超えている。

ただ先行馬は勝率・複勝率共にトップなので、後ろから行く馬を軽視はできないが、基本は先行馬を中心視したい。

がしかし、今回のメンバー構成を見るとペース的には流れそうな感じがする。

3歳になった馬達ばかりなので脚質は断定はできないが、好位追走できそうな馬が今回は優位に働く可能性が高そう。

しかも上位人気馬4頭中3頭は前走逃げている。

このことからも考えると上位人気馬の中ではゼノヴァースが展開的に恵まれそうな感じはします。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の好走の傾向は

父に

・キングカメハメハ

・ハービンジャー

・バゴ

 

又は

 

母父に

ロベルト系

 

以上です。

 

今回該当馬

 

ヴィアメント

 

以上1頭です。

今回はキンカメ産駒のヴィアメントだけしか該当馬はいませんでした。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

枠順がかなり重要になってくるので、現時点では枠順抜きの評価で。

バレバレですが血統推奨馬で、鞍上も年末の東京大賞典・年始の中山金杯を勝ちで勢いに乗っている。

人気的にもソコソコなので狙って損は無いと思う。