京成杯2020予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京成杯2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

単勝オッズではスカイグルーヴ・ヒュッゲ・ゼノヴァースの3強オッズ。

次いで4番人気は微妙だが、最終的にはロールオブサンダーが4番人気と想定しています。

 

今回はこの4頭を上位人気馬として扱います。

 

枠順傾向の記事では1~5番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは4枠4番ロールオブサンダーですが、同じ逃げ馬のヒュッゲより内に入った。

競り合うようなら厳しいが、ヒュッゲがスンナリ控えてくれれば絶好枠と言えるかもしれない。

 

次に5枠6番ゼノヴァースですが、上位人気馬の中では唯一の差し馬。

展開も流れそうで、程良い中枠は好枠と言えるでしょう。

 

次に5枠7番ヒュッゲですが、逃げ馬で同型のロールオブサンダーより外に配置されたのはマイナス評価。

 

最後に8枠12番スカイグルーヴですが少頭数とは言え大外は痛い。

人気も背負ってることを考えると妙味はかなり薄い。

 

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

 

今回の対抗馬は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬5枠6番 ゼノヴァース (馬連 500円 ワイド 1000円)

◎穴本命馬4枠4番 ロールオブサンダー (馬連 500円)

 

対抗馬筆頭はゼノヴァース。

上位勢の中では唯一の差し馬。

展開は流れると読んでいるので、この馬を重視したい。

 

対抗2番手はロールオブサンダー。

この馬の場合は買い要素があるというより正直消去法。

スカイグルーヴは1戦1勝馬で不利な大外枠で人気が被りすぎ。

ヒュッゲはロールオブサンダーより外に配置されたのがマイナス。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

2戦連続同距離で前走は同コースで勝利。

枠順もベストな配置。

鞍上も同コースを得意としているので狙ってみたいです。