京成杯オータムハンデ2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は京成杯オータムハンデ2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

ディメンシオンは現在5番人気ですが、総合オッズから判断して4番人気として扱います

枠順傾向の記事では15番ゲート以降不利と判断しています。

 

それでは上位人気馬4頭の配置を見てみます。

まずは1枠1番プロディガルサンですが、過去に中山1600mの内枠で複数回好走している。

ただ好走した時は4コーナーで4番手くらいにつけてのもの。

近走のように中団より後ろからという競馬になった場合、この枠は逆に仇となりそう。

判断が難しいですね。

 

次に2枠4番クリノガウディーですが、前走差しの競馬で久しぶりの好走。

この馬は2番手くらいで競馬をするのがベストだと思ってましたが、前走を見ると内で脚を溜めて差すという競馬が合っている。

前走こそ馬場的に外差しだったが、今回は開幕週でIN突きがベスト。

そう意味では絶好枠ですが‥‥

ただ今回は前に行きたい馬があまりいない中で、逆にこの絶好枠のせいで下手したら押し出されて逃げの可能性も?

そうなると脚を溜めることができなくなりそうな予感もします。

 

次に5枠9番グルーヴィット6枠11番ディメンシオンは差し馬。

中枠配置は理想的だと思います。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬ー〇2枠4番 クリノガウディー (馬連・ワイド 各500円)

穴本命馬ー〇5枠9番 グルーヴィット (馬連・ワイド 各500円)

 

絶好枠のグルーヴィットは勢い・脚質傾向・絶好枠で外せない1頭です。

本当はグルーヴィット一本で勝負しようと思いましたが、やはり何だかんだ言っても内枠に入ったクリノガウディーは無視できない存在。

鞍上も戸崎騎手で強化されたのも考慮してクリノガウディーも対抗馬としました。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

狙っていたディメンシオンが予想以上に人気になってしまった。

ディープインパクト産駒で人気薄なら狙い目だと思っていただけに残念。

そこで今回は想定オッズより予想以上に評価が低いこの馬で勝負したいと思います。

欲を言えばもう少し外寄りが希望だったが、この枠なら及第点。

使い詰めで評価を落としていたが、この人気なら‥‥

2年前の覇者で昨年は4着。

トップハンデで嫌われているのは分かるが、前走は上り最速でまだ衰えは感じない。

人気薄でこの鞍上なら魅力ある穴馬だと思います。