中日新聞杯2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は中日新聞杯2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは中京競馬場で行われる芝2000m戦。

今年は混戦模様で確固たる軸馬と呼べる馬はいない。

レース的には阪神ジュベナイルよりこちらの方が面白そうです。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

中京競馬場は2012年にリニューアルしたので、それ以降から調べます。

過去7年の結果は以下の通りです。

3月開催のデータも含みますが、その時は開幕初日で今回は開幕3日目。

馬場的には極端な差はないと考えてます。

 

 

複勝率で見ると、外枠に好走馬が多いです。

特に10番ゲート以降からの好走馬が多いことが分かります。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

内枠でも好走馬はいますが、基本的には10番ゲート以降から多くの穴馬が出現しています。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

10番ゲート以降有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

リニューアル後の過去7年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると追い込み馬以外は大差はない。

そして過去7年で見ると差し馬が7勝している点は逃せません。

上位人気馬4頭ではタニノフランケルだけが差し馬ではないので頭で狙うには疑問。

ただ今回は前に行きたそうな馬が少ないので、軽くは扱えない。

後は枠順の並びで考えたいと思います。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にディープインパクト・キングカメハメハ・ステイゴールド又はロベルト内包馬です。

開催時期はズレるが、ディープ・キンカメ・ステイの3頭は平均して好走馬を輩出している。

あと開催時期が固定した近2年で見ると優勝馬2頭がロベルト内包馬という点は要注意です。

 

今回の該当馬は

 

アイスストーム
アイスバブル
サトノガーネット
サトノソルタス
ショウナンバッハ
タニノフランケル
マイネルサーパス
ミスマンマミーア
ランドネ

 

以上9頭です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

血統的には地味だが、ロベルト持ちの馬。

前走はOPクラスを勝利して、過去には重賞好走歴もある。

上位人気馬もかなり隙が多そうな馬達ばかりなので、この馬にもチャンスは十分にある。