中日新聞杯2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は中日新聞杯2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では11番ゲート以降有利と判断しています。

ここまでの混戦オッズは久しぶりに見ました。

1番人気で単勝600円とはある意味凄い。

通常は4番人気以内を上位人気馬として扱うが、今回は5番人気以内を上位人気馬として扱います。

 

まずは2枠3番カヴァルですが、枠順的には外が良かったですね。

外枠有利な傾向もありますし、外差しという条件を満たすには内過ぎる。

 

次に3枠6番アイスバブルですが、先行でも差しでも結果を残しているタイプで、傾向的には好枠とは言えないが、及第点と言えるでしょう。

 

次に4枠7番アイスストームですが、差し馬ですね。

脚質的にこの配置なら特に問題無いでしょう。

 

次に5枠9番ラストドラフトですが、デビューから3戦は先行。

近2走は差し・追い込みという競馬。

正直脚質は読めないが中枠配置はどちらにも対応できそうなので無難な配置でしょう。

 

最後に7枠13番サトノソルタスですが、枠順傾向的には好枠だが中団前目で競馬をすることが多いこの馬にとってはもう少し内でも良かったかな。

及第点という配置でしょう。

 

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びますが、今回は上位5頭から選びます。

今回は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬〇3枠6番 アイスバブル (馬連 500円・ワイド 500円)

◎穴本命馬-〇7枠13番 サトノソルタス (馬連 500円・ワイド 500円)

 

まずはアイスバブルですが、この馬は外人騎手の時は好走します。

逆に日本人騎手の時は人気を裏切っている。

今回は鞍上スミヨンを迎えて激走の番です。

 

そしてサトノソルタスですが、今回格上げ戦とは言えクラシック登竜門の共同通信杯で2着になったことのある馬。

ディープ産駒ではあるが、4歳でもキャリアも少なく消耗度も低い。

まだ上がり目は十分にあると思います。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

外枠に入って嫌われそうだが、傾向的には好枠。

どうしても前で競馬をしなくてはならないというタイプでもないし、それ程気にしなくても良さそう。

重賞実績もあり、前走もOPクラスながらも素質馬相手に勝利。

G3レベルで今回のメンバー構成ならチャンスは十分ある。