中山金杯2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

新年明けましておめでとうございます、ワイド師です。

今年もよろしくお願いいたします。

 

では新年一発目の予想に入ります。

良いスタートダッシュで決めたいですね。

今回は中山金杯2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝2000m戦。

近2年は荒れているレースなので、今年も激走馬に期待します。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事後2015年以降の結果は以下の通りです。

 

 

とにかく内枠有利なレースです。

有利枠を区切るなら7番ゲートまで、緩く区切るなら11番ゲートまででしょう。

 

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬に関しても当然内枠有利。

昨年は15番ゲートからステイフーリッシュが好走していますが、この馬はその後何度も重賞で好走している馬。

基本的には外枠は不利と考えて良い。

 

問題はどこで区切るかですが、上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~7番ゲート有利

 

と判断します。

穴馬は過去5年中4年は7番ゲート以内から出現している。

絞るならここ辺りまででしょう。

 


次に脚質傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

 

これを見ると圧倒的に逃げ・先行馬有利です。

ただ今年はブラックスピネル・タニノフランケルという逃げてこそという馬がいる。

さらにトリオンフもそれなりにポジションを取ってきそうで、そうなるとトリオンフのプレッシャーがある上記2頭は展開的には厳しそう。

傾向を踏まえて考えると、個人的に展開利は3~5番手辺りで競馬が出来る馬ではないだろうか。

想定人気馬の中ではトリオンフブレステイキングは枠順にもよるが、傾向的には有力だと思います。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の好走の傾向は

父に

・ステイゴールド

・キングカメハメハ

・ロードカナロア

・ノーザンダンサー系

 

五代血統内に

・ロベルト内包馬

 

以上です。

ロードカナロアはキンカメの後継種牡馬としての期待を込めての推奨種牡馬です。

 

対象馬が多いので今回は非該当馬を載せます。

今回該当馬

 

イレイション
ウインイクシード
カデナ
ザダル
ブレステイキング
メイショウエイコウ

 

以上6頭です。

上位人気馬ではザダルとブレステイキングが非該当馬となった。

ただザダルの中山実績は重賞実績も含め十分。

ただ金杯の血統傾向と合わないというだけなので、そこの判断が難しいです。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

当レースではとにかく走るステイゴールド産駒。

中山コースは9戦して8回馬券内という成績。

脚質的にも基本的に先行馬で内枠さえゲットできれば、チャンスは十分あるはず。