中山金杯2020予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は中山金杯2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~7番ゲート有利と判断しています。

オッズは割れているが、基本的には3強オッズとなっている。

そこで今回は上位人気馬3頭の配置を見てみます。

 

まずは4枠7番トリオンフですが、脚質的には好枠ギリギリの配置。

配置的には内のブラックスピネルが行って、2~3番手辺りか。

ペースは速くなるだろうが、それでも内枠に入ったのは良かった。

 

次に2枠3番クレッシェンドラヴですが、傾向的には内枠有利。

だが捲り競馬が多いこの馬としてはもう少し外寄りでも良かったかもしれない。

及第点だと思います。

 

次に8枠17番ザダルですが、外枠不利と言われるこのレースにおいてこの枠は痛恨ですね。

こうなったらマーフィー騎手の腕に頼る以外ない。

 

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びますが、今回は上位3頭から選びます。

 

今回の対抗馬は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬(A)〇4枠7番トリオンフ  (馬連 500円 ワイド 500円)

◎穴本命馬(B)-〇4枠7番トリオンフ  (馬連 500円 ワイド 500円)

 

ザダルは枠順的に大外枠では問答無用で消し。

クレッシェンドラヴは配置的に内過ぎて包まれるのが心配。

 

ペースは流れるだろうが、トリオンフの潜在能力は斤量を背負わされたとしてもクレッシェンドラヴより上だと信じて対抗馬としました。

 

最後に穴本命馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

(A)予想以上に人気になっているが、この配置に入った以上狙うしかない。

当レースと好相性のステイゴールド産駒で、鞍上もこのコースは得意としている。

 

(B)展開的に厳しい可能性は高いが、この馬にとってこれ以上ない絶好枠。

妙味も十分あるので狙ってみます。