中山記念2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

今回は中山記念2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

 

ブログ名を変えて一発目の予想記事となります。

ただやることは何も変わりません。

今まで通り、自分の予想スタイルを磨いていくだけです。

 

このレースは中山競馬場で行われる芝1800m戦。

例年少頭数のレースですが、今年は登録時点で既に9頭以下が確定。

しかも今年は上位勢と下位勢にかなりの格差がありそう。

実質5頭立てではないでしょうか。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事後、2015年以降のデータとなります。

過去5年の結果は以下の通りです。

 

 

今回は登録馬9頭ということを考えると、複勝率では内外で有利不利は無さそう。

ただ勝数で見ると過去5年で5番ゲート以内で4勝している。

1着馬という観点で見るなら内枠有利と言えそう。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬に関しては複勝率で見ると、内外で有利不利は無さそう。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

ただ1着馬を狙うなら5番ゲート内を重視した方が良いかもしれません。

 


次に脚質傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると圧倒的に先行・逃げ有利です。

これは人気馬・穴馬共通です。

そして今回逃げるのはマルターズアポジーで、2番手がソウルスターリングという展開が予想できる。

ただこの2頭は既に終わってるんじゃないでしょうか。

大穴ならこの2頭だが、さすがに厳しいと思う。

そこで脚質的に考えるなら出来るだけ前に行ける3・4番手に付けれそうな馬を狙いたい。

これは枠順次第になりそう。

近走の走りを見るとウインブライトインディチャンプが内枠に入ったら理想的なポジションを取れそうです。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父or母父に

・サンデーサイレンス系(父ロベルト系は除く)

 

です。

複勝率で見ると満遍なく父サンデーサイレンス系・ミスプロ系・ノーザンダンサー系が好走している。

決定的な差が見られないので、格差をつけるとすれば父or母父にサンデーサイレンス系の血が入っていること。

但しロベルト系はサンプル数が少ないものの相性が悪い。

この条件で圏内馬15頭中13頭が該当する。

 

今回該当馬

 

インディチャンプ
ウインブライト
ダノンキングリー
ペルシアンナイト
ラッキーライラック

 

以上5頭です。

綺麗に想定オッズ5番人気以内だけが残りました。

血統的にも実力的にも今回は荒れる要素は低いと思います。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

無謀な穴狙いを避けるとすれば、脚質・コース適正・距離でこれ以上ない条件が揃っているこの馬を中心視したい。

代打騎乗・昨年との斤量差で多少人気落ちすると思うが、それでも足りると思う。

この馬は適性があればピンだが、適正ナシならパーという極端な馬。

今回はピンの番でしょう。