中山記念2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は中山記念2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番インディチャンプですが、過去の好走例を見ても内枠でも問題なし。

この馬の場合、枠順云々よりいかに折り合いが付けられるかでしょう。

 

次に3枠3番ダノンキングリーですが、脚質的には中団かそれよりやや後ろからという競馬になりそう。

ただ少頭数なので包まれる心配は無いと思うので問題無いと思います。

 

次に7枠7番ラッキーライラックですが昨年こそ2番手で競馬をしたが、エリザベス女王杯や前走の香港ヴァースを見ると今回も控えて差す競馬をしてくるのではないか。

配置的には問題無いでしょう。

 

 

最後に8枠8番ウインブライトですが、この馬は先行馬。

少頭数なので問題は無いと思うが、それでもベストは内枠だったでしょう。

 

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬3枠3番 ダノンキングリー (馬連 1000円)

◎穴本命馬7枠7番 ラッキーライラック (馬連 1000円)

 

ダノンキングリーは少頭数とは言え後方から競馬というのは確かにマイナス。

それでもクラシックで2戦して圏外無しという実績は伊達ではない。

ヴェロックスの二の舞いにならないことを祈ります。

 

ラッキーライラックはエリザベス女王杯から勢いが出てきた。

今回の鞍上はスミヨン→デムーロというのはやや不安はあるが、昨年の好走馬でもあるので押さえたいと思います。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

ウインブライトで勝負しようと思ったのですが、鞍上の不安もあるのでせめて内枠に入ってくれればこの馬だったのですが‥‥

今回はかなり不安はあるが、この馬で勝負です。

とにかく休み明けは走らないが、今回の調教ではかなり良い動きをしている。

はっきり言って狙う要素はこの一点だけ(;^_^A

ウインブライトから入るよりこの馬から入ればオッズ的には倍近くつくので、それならば狙ってみようかと思います。