中山牝馬ステークス2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統傾向)傾向分析

今回は中山牝馬ステークス2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

 

このレースは中山競馬場で行われる芝1800m戦。

久しぶりのルメ・デム1・2番人気となりそうなレース。

想定オッズでは3強ムードだがハンデ戦。

特にコントラチェックは逃げれなったらジエンドという可能性も大いにある。

決して堅く収まるレースではないでしょう。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事後、2015年以降のデータとなります。

過去5年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると特に偏りは無いですね。

有利不利は無さそう。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬に関しても満遍なく好走馬が出ている。

こちらも有利不利は無いでしょう。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

勝率・複勝率で見ると差し・逃げ馬有利です。

ただ過去5年の圏内馬15頭中12頭が差し・追い込みで狙うなら中団以降の馬達でしょう。

ちなみに想定1番人気のコントラチェックは逃げ馬、2番人気エスポワールは先行馬。

実力は認めるが、狙いどころとはズレる。

ちょっと悩みますね。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

母父に

・サンデーサイレンス系

・ミスプロ系

・ロベルト系

 

です。

複勝率でみると母父で偏った傾向がみられます。

母父ノーザンダンサー系・ナスルーラ系はあまり相性が良くないですね。

 

今回該当馬

 

ウラヌスチャーム
エスポワール
コントラチェック
ゴージャスランチ
フィリアプーラ
フェアリーポルカ
メイショウグロッケ
モルフェオルフェ
レイホーロマンス
レッドランディーニ
ロフティフレーズ

 

以上11頭です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

カレンブーケドールにも先着したこのある実力馬。

前走も4着だったが差は僅か。

今回ハンデが更に軽くなるのも好材料。

G1以外は掲示板を一度も外したことがない安定性も惹かれます。