中山牝馬ステークス2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は中山牝馬ステークス2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠3番フェアリーポルカですが、好位差しがスタイル。

雨予報で内馬場が伸びるかは未知数だが、内に先行馬も少なく理想的なポジションが取れそうです。

 

次に5枠9番エスポワールですが、内枠ではないがこの馬は先行馬の中でも比較的内寄り。

有利とは言えないが特に不利ということもないでしょう。

 

次に6枠11番コントラチェックですが、外枠に逃げ・先行馬が集まったので、その点では助かった。

ただ同型モルフェオルフェがすぐ隣の12番ゲートに入りそこが厄介。

先手を取れたとしても序盤でそれなりに体力は削がれるのでは?

 

最後に7枠14番ウラヌスチャームですが、外枠だか傾向的にも不利になることもないですし、脚質的にも外枠なら問題ないでしょう。

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は3頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬-〇5枠9番 エスポワール (馬連 1000円)

◎穴本命馬-▲2枠3番 フェアリーポルカ (馬連 500円)

◎穴本命馬-▲7枠14番 ウラヌスチャーム (馬連 500円)

 

まずは前走と比べてコントラチェックより斤量が1キロ軽くなった先行馬のエスポワール。

差しが決まりやすいレースだが、実力と安定性と道悪適性を評価しました。

 

次の1頭は枠順的に理想的なポジションが取れそうなフェアリーポルカ。

 

最後の1頭は今回の展開を考えると昨年の再現があってもおかしくないウラヌスチャーム。

 

コントラチェックはピンかパーのタイプ。

今回は展開的に向かないと判断して消します。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

当初フェアリーポルカが軸だったが、4番人気となっているので、もう1頭の候補だったこの馬。

あくまで穴馬は5番人気以下から選びます。

枠的にさすがに内過ぎるとは思うが、過去に中山で1枠から重賞制覇したこともある。

脚質的に嵌まり待ちではあるが、コントラチェックやモルフェオルフェの作るペースなら期待出来そうです。

唯一の不安は鞍上で逃げや番手でしか結果を残していない。

頼むよ、溜めてくれ、〇ュー〇ット〇ン!