中京記念2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は中京記念2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

ただ敢えて言うなら12番ゲート以降は注意が必要です。

それでは上位人気馬の4頭の枠順配置を見ていきたいと思います。

ロードクエストは現在4番人気ですが、それ以外の総合オッズではミエノサクシードが実質4番人気なのでこの馬を4番人気とします。

 

今回の上位人気馬は全て差し馬タイプで、基本的には内枠は避けたいところ。

そういう意味では7枠14番カテドラル8枠15番ミエノサクシードは枠順は問題なし。

枠順傾向でも12番ゲート以降は成績が良いので、この2頭は好枠ではないでしょうか。

 

そして3枠5番グルーヴィット4枠7番プリモシーンはどうでしょう?

悪い枠ではないが、やはり理想は二桁馬番が良かったと思います。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬ー〇4枠7番 プリモシーン (馬連・ワイド各500円)

穴本命馬ー〇7枠14番 カテドラル (馬連・ワイド各500円)

 

正直、今回は上位人気は全て危ない気がします。

全ての馬が後方からというのはかなり不安。

ですが、上位4頭が全て消えるというのは確率論から考えてかなり低い。

ここは素直に前走G1で好走した2頭を選ぶことにしました。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

週中に候補馬を2頭選びましたが、急遽変更することにしました。

理由はまず人気馬は全て後方からで先行馬がかなり少ない

更に今日土曜日の芝7レースの結果を見ました。

馬券内馬21頭中で4角5番手以内の馬は15頭

馬券内馬21頭中で1~3番ゲート以内の馬は8頭

先週の函館に近いような内枠先行が有利かもしれません。

血統傾向も過去データにも合致しない馬を買うことは殆んどないのですが、今回はこの馬で勝負です。