ヴィクトリアマイル2020予想 枠順確定後の最終結論

今回はヴィクトリアマイル2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~10番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番ラヴズオンリーユーですが、枠順傾向から言うと1~5番ゲートは絶好枠。

内枠の馬達は比較的差し馬が多く、普通にスタートさえ切れれば難なく良いポジションが取れるでしょう。

 

次に3枠5番プリモシーンですが、この馬も絶好枠に入った。

そして土曜の馬場は内伸び傾向。

差し馬だが、2走前の東京新聞杯と同じ内枠配置は問題ないでしょう。

 

次に6枠12番アーモンドアイですが、好枠には入らなかったものの昨年は14番ゲートから絶望的な不利を受けて3着。

大外枠でもないので特に問題ないでしょう。

 

最後に8枠18番サウンドキアラですが、これは痛いですね。

更に土曜の馬場が内伸びとなると厳しいか。

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は3頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

(馬連)

6枠12番 アーモンドアイ - ◉穴馬(C)(D) ( 各800円×2点)

(馬単)

3枠5番 プリモシーン → ◉穴馬(C)(D) (各100円 ×2点)

1枠1番 ラヴズオンリーユー → ◉穴馬(C)(D) (各100円×2点)

(計 2000円)

 

まず対抗馬筆頭はなんと言ってもアーモンドアイで、説明は不要でしょう。

ちなみに馬連でも馬単でもたいして配当は変わらないので馬連勝負。

押さえの対抗馬は絶好枠に入ったラヴズオンリーユーとプリモシーン。

アーモンドアイは大敗後の初戦でまさかの3着以下を狙ってこの2頭を軽く押さえます。

 

最後に穴馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

ベタに絶好枠に入ったこの馬を狙います。

東京芝1600mの特注血統ヴァイスリージェント持ちで、過去記事で書いた穴馬消去法の推奨馬。

鞍上も最近好調なので期待してます。

 

(D)

枠順を見た瞬間終わったと思ったが、やはり1発あるとしたらこの馬だと思うので残しました。

土曜競馬は前残りが顕著で、スタートさえ決めてくれればチャンスはあるはず。

全てはスタート次第。

鞍上の手腕に期待します。