ヴィクトリアマイル2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回はヴィクトリアマイル2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは東京競馬場で行われる芝1600m戦。

注目は何と言ってもアーモンドアイ。

前走は初めての大敗でしたが、今回は牝馬限定戦。

このくらいのメンバーで負けるわけにはいかないでしょう。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると追い込み以外はほぼ互角。

勝ち馬で見ると差し馬ですね。

今年のメンバーを見ると逃げ馬はコントラチェックとトロワゼトワルで次いでセラピアが続きそう。

ペース的にはスローということは無さそうで、それなりに流れそう。

更に週末は雨模様で今年は差し馬中心で考えて考えた方が良いかもしれません。

 


次に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・ディープインパクト

 

又は

 

・ヴァイスリージェント内包馬

 

です。

ディープインパクトはもちろんですが、東京芝1600mと言えばヴァイスリージェント内包馬でしょう。

先週のNHKマイルは来ませんでしたが、やはり要注意血統です。

 

今回は対象馬が多いので非該当馬を載せます。

 

今回の該当馬

 

アーモンドアイ
シゲルピンクダイヤ
シャドウディーヴァ
スカーレットカラー
セラピア
メジェールスー

 

以上6頭です。

ここでアーモンドアイの名前が上がりました。

前走の敗戦もあるので、まさかがあるかもしれません。

 


最後に上位人気馬過去データ消去法です。

上位人気馬は基本的には4番人気以内としています。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 4~5歳
② 前走牡馬混合戦出走馬又は阪神牝馬ステークス出走馬

 

以上になります。

過去10年で4番人気以内馬のどれかが来た年は8回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去8回中8回です。

今回は3強オッズとなっているので、上位3頭を対象とします。

 

今回の該当馬

 

アーモンドアイ
サウンドキアラ

 

この2頭です。

 


これで考察は終わります。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前走は明らかに距離適性外。

マイル戦に限れば、4戦3勝で唯一の敗戦は海外遠征の4着だけ。

その海外遠征ではインディチャンプやペルシアンナイトに先着。

国内の牝馬限定戦ならアーモンドアイを除けば勝ち負けできる力は十分持っている。