ローズステークス2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はローズテークス2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは阪神競馬場で行われる芝1800m戦。

毎年上り馬が穴馬として突っ込んでくるレースです。

しかし今年は少頭数が確実。

可能性は低くなりますが、今回も頑張って穴馬を見つけたいと思います。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

4番人気が微妙ですが、想定ルメール騎手のスイープセレリタスだと思います。

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

これを見る限り複勝率では17・18番ゲート以外は特に有利不利は無さそう。

現在登録馬が12頭なので有利不利は考えなくても良さそうです。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

極端に内か外かという結果です。

中枠辺りから穴馬が殆ど出現してないですが、内外で有利不利は無さそう。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

勝数で逃げ・先行馬で4勝、差し・追い込みで6勝です。

複勝率もほとんど互角なので、展開で脚質はどう転んでもおかしく無いと思います。

しかし上り1位の複勝率が80%というのは気になりますね。

メイショウショウブを筆頭に近走先行している馬はそれなりにいます。

ただ今回は明確な逃げ馬がいないので、スロー~ミドルペースくらいでしょうか。

上位人気馬で見ると、スローと読んで前に張るなら無難にダノンファンタジー、ミドルくらいならウィクトーリアかシゲルピンクダイヤの切れ味は上り1位の可能性が十分ありそうです。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系)
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にディープインパクト・ハーツクライ・ミスプロ系又は母父にノーザンダンサー系です。

この条件で過去5年15頭中14頭が該当します。

なんと言っても注目はディープインパクト産駒と母父ノーザンダンサー系でしょう。

 

今回該当馬

 

シゲルピンクダイヤ
シャドウディーヴァ
スイープセレリタス
ダノンファンタジー
ビックピクチャー
モアナアネラ
ラシェーラ

 

以上7頭です。

中でも今回数少ないディープインパクト産駒のダノンファンタジーは傾向的には外せない1頭です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

父はミスプロ系のキングカメハメハで夏の上り馬。

デビューから初勝利までに時間が掛かったが、近3走をみると潜在能力が開花しつつある?

血統背景で言えばメンバー中で間違いなくナンバーワン。

それでも不安の方が大きいが、人気が無い今のうちに先物買いで穴馬として狙ってみるのも面白いと思います。