ローズステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はローズステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

 

では上位人気馬4頭の配置を見てみます。

まずは4枠4番ダノンファンタジーですが、先行馬のこの馬にとっては良い枠だと思います。

1枠のメイショウショウブが逃げて他にも先行しそうな馬が内枠に入ったので、ダノンファンタジーは3~4番手辺りでの競馬でしょうか。

 

次に6枠8番ウィクトーリア7枠10番シゲルピンクダイヤですが、共に差し馬で枠順的には問題無いでしょう。

 

最後に8枠12番スイープセレリタスですが、前走先行しているが内枠には先行勢が揃っているので今回は大外でどうか?

デビュー以来内枠ばかりしか経験がないのでそこ辺りはやや心配ですね。

 

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬ー〇4枠4番 ダノンファンタジー (馬連 500円・ワイド 1000円)

穴本命馬ー〇6枠8番 ウィクトーリア (馬連 500円)

 

ベスト距離は1600mであろうダノンファンタジーですが、1800mくらいまでならこのメンバーで恥ずかしい競馬はしないはず。

3着以内ならこの馬と予想してワイドはこの馬だけで勝負です。

 

そしてウィクトーリアは前走オークスで上り2位の脚を使ったことを評価します。

このレースは上り1位の馬の成績が抜群。

しかも前走上り2位以内を出した馬がその大半を占める。

そういう意味ではシゲルピンクダイヤの脚(前走だけは上り4位以下)も侮れないが、距離適性という面も考慮してウィクトーリアが上り1位の脚を披露してくれると思います。

鞍上戸崎騎手も以前とは違って関西圏でのレースで結果を残してきているので‥‥

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

狙いたかった穴馬は数頭いました。

良血のモアナアネラ、前走圧勝のディープインパクト産駒のビックピクチャー。

しかし、上記2頭より可能性を感じたのは軽斤量ながら古馬相手に2連勝したこの馬。

父ノーザンダンサー系というのは血統傾向から考えると全く合致しないが、それを考慮してもこの勢いは軽視できません。