レパードステークス2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はレパードステークス2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは新潟競馬場で行われるダート1800m戦。

同じ3歳ダート重賞のユニコーンステークスとは正反対で結構二桁人気の大穴が突っ込んでくるレースです。

このレースは多少冒険しても良いかもしれません。

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると5~13番の複勝率が高めです。

内枠や外枠はやや劣勢で中枠辺りが有利でしょうか?

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

このデータで見ると、中枠が特に有利とも思えない。

満遍なく穴馬は出現しています。

 

全体的に見れば中枠がやや有利かとも思えますが、絶対と言えるほどの根拠が無いので、上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これは随分極端な傾向ですね。

複勝率を見ると、逃げ・先行馬が圧倒的有利です。

しかしその反面上り1位の複勝率は90%超えです。

ただデータ的にはそうなのだが、問題は逃げ・先行しそうな馬と上り1位になりそうな馬を探すのはかなり難しい。

殆どの馬が逃げ先行で勝ち上がってきた馬ばかりだし、このレースで脚質転換してくる馬も出てくるでしょう。

敢えて可能性が高そうな馬はと言えば、デビューから全戦上り最速のサトノギャロスは上り最速候補かもしれません。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父ヘイルトゥリーズン系・キングカメハメハです。

種牡馬スクリーンヒーローやロージズインメイは大系統で言えばサンデーサイレンス系と同じヘイルトゥリーズン系です。

このレースはヘイルトゥリーズン系が良く走る。

それ以外だとキングカメハメハ産駒は複勝率で言うと高めです。

 

今回の該当馬は

 

ハヤブサナンデクン
ハヤヤッコ
ブラックウォーリア
ブルベアイリーデ
メスキータ
リープリングスター
ロードリバーサル
ヴァイトブリック

 

以上8頭です。

上位人気馬ではヴァイトブリック以外はこの中に入ってません。

傾向的には穴を狙うならこの中から絞り込んでも良いかもしれません。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

長期休養明けの馬は自分のセオリーでは普段は敬遠するが、どうしてもこの馬が気になる。

傾向的にこのレースは520キロ超える大型馬がよく走る。

そしてこの馬の2戦目は2着だったのだが、その時の1着馬は全日本2最優駿の3着馬で、3着馬は関東オークス優勝馬。

前走はプラス20キロながらも勝利した。

実績はあるが、現時点の想定オッズは休み明けの影響か大穴扱いです。

二桁人気馬がよく突っ込んでくるこのレースだからこそ狙ってみても面白いかもしれません。