ラジオNIKKEI賞2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はラジオNIKKEI賞2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~8番ゲート有利と判断しています。

現時点のオッズを見ると1~3番人気馬は総合オッズを見ると確定的だが、4番人気馬はどの馬になるかはわかりません。

そこで今回は上位人気馬の3頭の枠順配置を見ていきたいと思います。

 

福島開幕週ということもあり、基本的には内枠有利。

その中でも絶好枠と思えるのは3枠5番ディキシーナイトでしょう。

先行か差しかの微妙な脚質の馬なので、極端な内枠でもなく外寄りでもないこの枠は好枠と言えるでしょう。

 

そして5枠9番ヒシグイアスは過去の走りからして逃げ又は2番手辺りが理想。

もう少し内が理想的だったでしょう。

 

最後に3枠6番ブレイブメジャーは先行馬。

枠順傾向にも合致する内枠に入り、絶好枠と言えるのではないでしょうか。

ちなみに穴本命馬候補だったのですが、この人気では穴本命馬とは言えなくなりました。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びますが、今回は4番人気以下が混戦なので上位3頭から選びます。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬ー〇3枠5番 ディキシーナイト (馬連・ワイド各500円)

穴本命馬ー〇3枠6番 ブレイブメジャー (馬連・ワイド各500円)

 

ヒシイグアスを消した絶対的理由は無いのですが、敢えて言えばまずは枠順傾向、そして勢いという点でディキシーナイトとブレイブメジャーを上位に取りました。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

狙ったブレイブメジャーは穴馬では無くなってしまい、もう1頭の穴候補だったアドマイヤスコールは大外枠に入ってしまった。

そうなると狙うのはやはり内枠です。

近3走はプッツンしたような成績だが、レベルが高かったという理由もある。

強みは同コースで勝利経験済みで、その時負かした相手はディキシーナイトときさらぎ賞優勝馬でNHKマイルカップ4着馬のダノンチェイサー。

これだけの相手に先着して、枠順も文句なしとくれば穴馬として推せると思います。