ユニコーンステークス2019予想 過去データ消去法

こんばんわ、ワイド師です。

今回はユニコーンステークス2019の過去データ消去法の記事です。

データ消去法は上位人気馬編(基本的には4番人気まで)と穴馬編(基本的には5番人気以下)に分けています。

出走馬も確定してフルゲート割れの15頭立てとなりました。

 

そして現在のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずはデータ消去法上位人気馬編から入ります。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去9年で上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 前走ダート

② 前走1番人気or1着

 

 

以上になります。

過去10年で1~4番人気馬が来た年は10回。

そして今回の条件全てに当て嵌まる馬が来た年は過去10回です。

 

今回の該当馬は

 

デアフルーグ
デュープロセス

 

この2頭です。

今回はこの2頭をデータ推奨馬とします。

血統傾向的には推せない2頭でしたが、データ傾向的にはこの2頭になりました。

あと初ダートのワイドファラオですが血統的には明らかにダート色が強い。

芝のニュージーランドトロフィーを勝利、NHKマイルカップは9着だったがタイム差はコンマ4秒差。

個人的な考えですが芝路線を走る馬はエリートで、芝で頭打ちになった馬はダート路線に向かうという考えがあります。

芝の重賞でこれだけ走れるなら、単純な能力ならこの馬が抜けていると思う。

この馬がダートをこなせるのであれば、個人的にはぶっちぎってもおかしく無いと思ってます。

ただ未知数なので軸向きではない‥そこが悩みどころです。

 


次はデータ消去法穴馬編です。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が5番人気以下馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

穴馬編も年代別単位で考えています。

過去10年で穴馬に多く見られる共通点

 

① 牡馬

② 前走ダート1400m以上

③ 前走4着以内

 

以上になります。

過去9年で5番人気以下の穴馬が来た年は7回。

そして今回の条件全てに当て嵌まる馬が来た年は過去7回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

エルモンストロ
オンザウェイ
ザディファレンス
ダンツキャッスル
ニューモニュメント

 

この5頭です。

今回はこの5頭をデータ推奨馬とします。

このレースはとにかく堅いレースなので、超大穴は望み薄。

想定オッズ3桁台のエルモンストロ・オンザウェイ・ザディファレンスは消すのが無難でしょう。

 


最後に穴本命候補を挙げたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴本命候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

ユニコーンステークス2019予想 枠順・脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

穴本命候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

差し馬有利のこのレースで積極策を取る馬はあまり買いたくないが、1発あるとしたらこの馬ではないでしょうか?

とにかく逃げた時のパフォーマンスは圧巻。

逃げさえすれば、1着は無くても2・3着の可能性は十分あるのではないでしょうか。