ユニコーンステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はユニコーンステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

薬物摂取問題で多数除外馬が出た函館スプリントステークスと比べ、当レースは除外馬2頭で留まりました。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では12番ゲート以降有利、穴馬限定で1~4番ゲート注意と判断しています。

現時点では2枠3番ヴァイトブリックは5番人気ですが、単勝オッズ以外の券種の売れ行きを考慮すると最終的には4番人気と想定しています。

 

上位人気馬4頭の配置を見てみると、最悪枠と言えるのは1枠1番ワイドファラオでしょう。

物理的に内枠不利なコースで、不良馬場が確定的で最内で包まれたら馬は泥まみれ。

そうなるとこの馬は積極策に出る可能性も大きい。

初ダート、内枠の福永騎手、差し・追い込みが有利なレースという点を考慮するとどう考えてもプラス要素が無さそうです。

次に同じく内枠に入った3枠3番ヴァイトブリックも物理的に決して良い枠順ではないでしょう。

そして2強オッズの4枠6番デアフルーグ5枠8番デュープロセスは揃って中枠配置。

絶好枠とは言えないが、可もなく不可もなくという配置でしょう。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬ー〇5枠8番 デュープロセス (馬連・ワイド各500円)

穴本命馬ー〇2枠3番 ヴァイトブリック (馬連・ワイド各500円)

 

まず4連勝中のデュープロセスは戦績的には外せないでしょう。

そしてもう1頭はデアフルーグとヴァイトブリックで悩みましたが、鞍上戸崎騎手で血統傾向で紹介した父シンボリクリスエス産駒のヴァイトブリックを妙味も含めて上位に取りました。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

絶好枠に入った。

東京ダート1600mは既に2戦経験済みで、1着・3着という成績。

近5走全て上り2位以内で脚質傾向も合っている。

オッズも手頃でこれだけ条件が揃ったら買うしかないでしょう。