ユニコーンステークス2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はユニコーンステークス2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは東京競馬場で行われるダート1600m戦。

3歳限定ダート重賞は数少ないので、このレースは有力馬がかなり密集する。

よって毎年堅い決着が多い重賞です。

今年も穴馬が入る余地はせいぜい1席あるかないかでしょう。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

このコースはスタート地点が芝コースで外枠に行くほど芝を走る部分が多くなるという特殊なコース。

よって物理的に外枠が有利になる傾向が強いレースです。

このデータを見てもわかる通り、11番ゲートから外に行くほど複勝率が高くなります。

内枠・中枠は無視とまでは言いませんが、外枠が有利なことは間違いないでしょう。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

このデータは面白いですね。

穴馬は内枠か外枠かという極端な枠順から出現しています。

外枠から出現するのは理解できますが、内枠から出現しているのは興味深いです。

 

今回の結論は矛盾点もあるのは承知ですが、

 

12番ゲート以降有利

1~4番ゲート注意(穴馬限定)

 

と判断します。

内枠に入った有力馬は狙いたくないが、内枠に入った人気薄の馬は狙ってみても面白いかもしれません。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

ダートは基本的には前に行く馬が絶対有利ですが、このレースはそうではない。

上り1位の複勝率が70%を超えているというのがその証です。

先行馬は5勝していますが、差し馬も4勝しています。

そして逃げ馬に関してはかなり厳しい。

むしろ追い込み馬の複勝率の方が高いというのはダート戦では珍しいでしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にゴールドアリュール・シンボリクリスエス又は母父にサンデーサイレンス系orミスプロ系です。

東京ダート1600と言えば父ゴールドアリュールですが今回出走馬がいません。

他にも活躍馬血統傾向を書きましたが、一番の注目点は母父ノーザンダンサー系の活躍馬が少ないことです。

血統表の黄色部分がノーザンダンサー系ですが、特に母父に関して言えばノーザンダンサー系は複勝率11%という成績。

 

今回の非該当馬は

 

ザディファレンス
デアフルーグ
デュープロセス
ノーヴァレンダ

 

以上4頭です。

想定1・2番人気のデュープロセスとデアフルーグは傾向的には推奨できません。

逆に4番人気想定のシンボリクリスエス産駒のヴァイトブリックは傾向的には推したい1頭です。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前走と3走前のメンバー相手に善戦。

血統傾向も悪くはない母父ミスプロ系で、脚質的な傾向を考慮すれば今回はもう少し差を埋められる余地はある。

人気もそれ程無さそうなので狙ってみたい。