マーメイドステークス2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はマーメイドステークス2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは阪神競馬場で行われる芝2000m戦で、牝馬のハンデ重賞らしく毎年大荒れです。

今年も大荒れを期待しつつ穴馬を狙っていきます。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると内も外も複勝率で大差はない。

フラットと言って良いでしょう。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると、中枠の成績がイマイチですが、内からも外からも穴馬は出現しています。

こちらもフラットと言って良いでしょう。

気になるのは1番ゲートの成績が非常に良いこと。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると脚質的な有利不利は無い。

後方馬でさえ複勝率が20%を超えるので、むしろ差し・追い込みが有利なレースと言えるかもしれません。

今回は先行馬も多く上位人気馬のセンテリュオは差しタイプ。

切れ味勝負のディープ産駒で週末の雨予報も加味すると微妙ですが、馬場さえこなせれば旬のディープ産駒は怖いですね。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にキングカメハメハ・ディープインパクト・ステイゴールド・マンハッタンカフェ又は母父にナスルーラ系orノーザンダンサー系です。

昨年もマーメイドステークスの記事で紹介したのですが、ノーザンダンサー系内包馬は穴を空ける。

特に過去5年で5番人気以下が来た9頭の内、母父ノーザンダンサー系馬は6頭です。

そんな記事を書いておきながら、昨年この系統の馬を本命にしなかったのですが(-_-;)

 

今回の該当馬は

 

アドラータ
サトノガーネット
サラス
センテリュオ
ダンサール
フローレスマジック
ランドネ
レーツェル
レッドランディーニ

 

以上9頭です。

上記で書いた想定5番人気以下の母父ノーザンダンサー系馬は今回アドラータサトノガーネットです。

かなり人気が無いので穴軸でも厳しいですが、紐の1頭としてなら狙ってみても良いかもしれません。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

母父ナスルーラ系で鞍上はこのレースで過去10年で3勝挙げている相性の良い騎手。

馬自身も当コースで2戦1勝1連対。

前走は下級条件ながらコンマ6秒差の圧勝で今回の斤量もかなり軽ハンデ。

狙ってみる価値はあります。