マーチステークス2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回はマーチステークス2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは中山競馬場で行われるダート1800m戦。

とにかく荒れるハンデ重賞で昨年も大波乱。

穴党には面白いレースです。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向です。

2011年を除く過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

追い込み馬が意外にも2勝しているが、複勝率で見ると期待薄。

勝率・複勝率で共にトップは先行馬で基本はやはり前で勝負でしょう。

ただ差し馬の複勝率も悪くはないので、軽視は禁物。

 

今回のメンバーではメイショウワザシとリアンヴェリテが逃げ馬。

テルペリオンも枠順次第では逃げるかも?

ペース的には流れそうで今回は差し馬にもチャンスがありそう。

そういう意味では注目したいのは前走初ダートながら2着と健闘したクリンチャー。

距離はやや短い気もするが展開的にはこの馬に向く可能性は十分ある。

スワーヴアラミスが抜けた人気になるようならこの馬も面白いと思います。

 


次に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父or母父に

・ノーザンダンサー系

・エーピーインディ系

 

です。

特にエーピーインディ系は3年連続で好走しているので注目です。

 

今回の該当馬

 

アシャカトブ
オウケンワールド
コマビショウ
スウィフトレイド
スワーヴアラミス
ドンフォルティス
メイショウスミトモ
ルールソヴァール
レピアーウィット

 

以上9頭です。

 


最後に上位人気馬過去データ消去法です。

上位人気馬は基本的には4番人気以内としています。

2011年を除く過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 7歳以下
② 前走中山or阪神出走馬
③ 馬体重490キロ以上

 

以上になります。

過去10年(開催数は9回)で4番人気以内馬のどれかが来た年は7回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去7回中6回です。

 

今回は上位5頭が拮抗しているので、想定1~5番人気馬を対象とします。

 

クリンチャー
メイショウワザシ
ワイルドカード

 

この3頭です。

 


これで考察は終わります。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

血統傾向で紹介したエーピーインディ持ち。

更に中山ダート1800mでは複勝率80%でコース適正も十分。

斤量的にも恵まれたので狙ってみたい1頭です。